今、私たちにできること。【SDGs(持続可能な開発目標)】の達成に向けて、広島美容室 Ruth(ルース)グループが取り組んでいること*

皆さんはSDGsという言葉を聞いたことがありますか?SDGsとはSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略で『エス・ディー・ジーズ』と読みます。ニュースや新聞で見たり、学校の授業で習ったりされた方もいらっしゃると思います。私たち、広島美容室 Ruth(ルース)グループも【SDGs(持続可能な開発目標)】の達成に向け、いま出来ることを行っています。今回は簡単に【SDGs(持続可能な開発目標)】の説明と、広島美容室 Ruth(ルース)グループの取り組みについてお知らせ致します。

SDGs

 

SDGs(持続可能な開発目標)とは?

【SDGs(持続可能な開発目標)】は2015年9月の国連サミットで採択された国際目標です。

簡単に言うと、2030年までに世界で起こっている問題を解決するための国際目標を作ったということ。

 

その目標というのがこちらの17項目です。

SDGs

SDGs

SDGs

 

これらの17の目標を達成するため、より具体的にした目標である169のターゲットも設定されており、そして先進国と発展途上国がともに取り組み、地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓っています。また、【SDGs(持続可能な開発目標)】は、ただ目標を設定しただけではありません。国連ハイレベル政治フォーラム(HLPF)という場で各国がSDGsの進捗状況の報告をし、それぞれの国が精力的に目標達成のための活動を行っています。

画像出典:https://imacocollabo.or.jp/about-sdgs/

 

 

日本政府・企業・自治体も【SDGs(持続可能な開発目標)】の達成のための取り組みを行っています

日本政府(外務省SDGs▶︎https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/effort/index.html

企業(経団連特設ページ▶︎https://www.keidanrensdgs.com/home-jp

自治体(自治体SDGs▶︎http://future-city.jp/sdgs/

 

上記サイトでは、それぞれが【SDGs(持続可能な開発目標)】達成のため、具体的に行っている取り組みを見ることができます。

日本国内においても、企業や自治体が目標解決のために行動しているのです。

 

 

皆さんも知っている、こんな問題も

身近な例では、飲食店のプラスチックストロー問題。この背景にも【SDGs(持続可能な開発目標)】があります。技術の発達と共に世の中が便利になりましたが、それがいつしか環境破壊や海洋生物への被害に繋がっていました。そういったことに目を向け、見直すこともまた企業の役割

今ではプラスチックストローを廃止する店舗も増え、紙製のストローやストローがいらない蓋の開発、木・竹などのストローの開発も行われています。

 

 

広島美容室 Ruth(ルース)グループが行っている取り組みについて

私たち広島美容室 Ruth(ルース)グループも【SDGs(持続可能な開発目標)】を推進しています

【SDGs(持続可能な開発目標)】達成のために行っている広島美容室 Ruth(ルース)グループの取り組みはこちらです。

 

アイコン アイコン アイコン アイコン アイコン

▶︎2団体に継続的に支援をしています。

 

アイコン

▶︎男女平等な評価、働く環境作りを推進しています。

 

アイコン

▶︎キャリアパスプランの作成、働き方改革 推進認定等を行っています。

 

これからも、出来ることは何か!しっかり考えて、できる項目を増やして【SDGs(持続可能な開発目標)】の達成に貢献していきます。

 

まとめ

【SDGs(持続可能な開発目標)】について簡単なご説明と、【SDGs(持続可能な開発目標)】達成に対しての、広島美容室 Ruth(ルース)グループの取り組みをご報告させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

実は、日本は海外に比べ【SDGs(持続可能な開発目標)】の認知度がまだ低いのが現状ですが、多くの企業や自治体が賛同し様々な取り組みを行っているので、是非一度この機会に興味を持ってくださると嬉しいです*

広島美容室 Ruth(ルース)グループでは企業として、環境問題や人権問題への対応などの社会的責任を果たしたいと常々思っており、【SDGs(持続可能な開発目標)】達成に向けて、少しでも出来ることは無いかと考えこのような取り組みを行っています。

私たちがより良い2030年を過ごせるよう、今後も広島美容室 Ruth(ルース)グループでは、スタッフ間で意見交換をし出来ることに取り組んでいきたいと思います。